害獣駆除、まさにこの時

害獣駆除の対象は、タイミングは

害獣駆除、まさにこの時

こんな兆候ありませんか?

兆し

いつの間にか、物置においておいたものにキズがついていたり、食べ物がかじられていたり……。
ケーブルに噛み跡がついていたり、何かがよ夜中に動いている気配がしたり、天井裏から物音がしたり。
そんな兆候を感じたら、そろそろ害獣駆除を考えたほうがいいかも知れません。
生活に被害を与える動物のことを害獣といいます。これには食害、建築害など様々なものが含まれます。
あなたの家にも、害獣が住み着いているのかも知れません。

                 

最近

かつて、害獣駆除といえばその対象はネズミでしたね。彼らは人間の家に昔から住み着いてきました。
ネズミの被害は大したことはない……というわけではないのですが、近年には、さらに様々な種類が人間に害を与えるようになって来ました。
そしてそれだけ、害獣駆除の必要性が高まってきたのです。
ネズミより大きく、強い生物が人間の家に入り込むことがあります。
特に問題視されているのは外来種とされているハクビシンとアライグマでしょう。

最近

外来種

外来種というのは、他の地域から持ち込まれた生物のことです。
そういった生物は、本来はその自然の中にはいないため、本来は存在する外敵がいないなどの理由で、大いに繁殖することが多くあります。
特に日本は他の地域から独立した島国なので、外からやって来る種に大きく影響を受けます。
こういった外来種が野生化し、ついには人間に被害を与えるようになりました。
元はといえば持ち込んだせいなのですが、今では害獣駆除の対象になっているのです。

外来種

おすすめサイト



もしかして、と思ったら早めにハクビシン駆除業者に調査してもらい、害獣被害の有無を確認することが、住宅と生活を守るためには大切です。


What's New

2012/08/31
ホームページリニューアル